ヒプマイ 飴村乱数くんマイクを作ってみた。


こんにちは。こなみです。

2018年11月現在。男性声優12人によるキャラクターラップバトルCD作品「ヒプノシスマイク」にハマっています!

バトルCD、すごい人気ですよね!CD屋やiTunesのページを見ると「ヒプノシスマイク」だらけ。売り上げも凄いんでしょうね。

今回は、劇中に出てくる飴村乱数くんというキャラクターが使用しているマイクを粘土工作で作ってみようと思います!!!

ピンクにメッシュの入った髪の毛で可愛らしい外見の青年が乱数くんです!2018年7月に行われたCD店頭販売イベントでは、購入者に対して飴を配布するなど、とても盛り上がっていましたね!!

材料は、マイク型のラムネ容器とダイソーの樹脂粘土です。 

材料

コリス社のマイク型ラムネ容器(黄色)

ダイソー樹脂粘土黄色

ダイソー樹脂粘土ピンク

ダイソー樹脂粘土パステルグリーン

(*淡い水色ですが、パステルグリーンと包装に書いてあります。)

蛍光ピンク色の塗料

接着剤

絵筆

作り方

1.マイクの包装を取り、中身のラムネを完食します。

そして、マイクの中を水洗いして乾燥させます。

2.樹脂粘土黄色を盛ります!

盛ったら、手のひらでマイクの頭?をなでて、なるべくツルツルの球体状にします。

3.樹脂粘土ピンクを細長い棒状に伸ばします。

それを平たくして、帯状にします。

このとき、私はハサミやヘラを活用してキチッとした帯状に成形しました。

4.樹脂粘土ピンクをマイクに巻きつけます。

マイクに初めから付いている輪の様なパーツの下からピンク粘土を盛り始めると、作りやすいです!

5.4と同様の帯状パーツを再び作り、上下に巻きつけます。

ヘラで溝をつけて成形し、なじませます。

6.マイクの下パーツに樹脂粘土ピンクをくっつけて適当になじませます。

7.樹脂粘土パステルグリーンでリボンを作ります。

バランスが難しいですが、公式の絵を見て、再現を頑張ります!

9.絵筆を使って、色を塗ります。

この塗装の工程は正直、緊張します。

10.「easyR」という文字を粘土で作ります。ダイソー樹脂粘土で作ります。

(今回は粘土を節約したかったので、パステルグリーンで作って、ポスカで薄く色を塗りました。)

大きさはリボンと比較するとこのくらいです。

うっすらと、銀色ポスカで表面を塗りました。

11.乾燥させたパーツを接着剤で付けます。

リボン、「easyR」が乾燥したら、マイク本体に接着剤で付けます。

*欲を言うと、もっとピカピカでツルツルした質感を出せる塗料で塗りたかったですね。タミヤの模型用の塗料とか。

とにかく「easyR」がまだ乾燥していないので、今回はこれで一旦終わります。

余談ですが、お台場の「韻踏闘技大會」を見に行く方はオールスタンディングなので、歩きやすい靴で行ったほうが良いですよ~。

ライブ、楽しみですね!!!

ご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です