イカのスマホカバーを作った話


こんにちは。こなみです。

 

イカのスマホカバー(スマホケース)を作りました。

透明感のあるイカですね。

大きさは約14cmくらいです。iPhone6かiPhone7の普通サイズが入る大きさです。

 

材料はこちらです。

・おゆプラ(お湯で柔らかくなる粘土)

・セリアのスマホカバー(スマホケース)

・ボンド

・黒い大きめのビーズ

いずれも100円均一のお店で材料を入手しました。

 

イカの部分は、ダイソーで購入した「おゆプラ」です。

これは、温度80度以上の熱湯で柔らかくなる粘土です。

熱湯につければ何回も変形可能です。

 

作り方

 

1 白おゆプラを熱湯に30秒程浸し、素早く水気を切って、よくこねてイカの形にする。

2 透明お湯プラと水色おゆプラを熱湯に30秒程浸し、素早く水気を切り、こねてイカの頭と足を作る。

3 白おゆプラでできたイカの上に、再び熱した透明&水色おゆプラで作ったイカの頭と足をくっつける。

4 黒い大きめのビーズをイカの頭に、熱した透明おゆプラでくっつける。

5スマホカバーにイカをボンドでくっつける。

完成です。

 

私は、おゆプラを熱湯に浸す時にやけど防止のため、必ず箸を使いました。

マグカップなどに熱湯を入れて箸を使っておゆプラを熱湯にくぐらせるのです。

そして、熱したばかりのおゆプラは物凄く熱いので、いつもビニール手袋かゴム手袋でこねていました。

 

やけどに気をつければ、おゆプラは大変面白い素材なので、手芸や工作に活用できます。

 

おゆプラを使う機会がありましたら、皆さんも是非、オリジナル作品を作って楽しんでみてください。

 

ご覧いただきありがとうこざいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です