豊洲の坦々麺と東向島のトムヤムクン


こんにちは。こなみです。寒い日が続きますね。

今回は、体を温めるメニューを扱う外食店を紹介します。

豊洲と東向島にある店舗を紹介したいと思います。

まず、豊洲です。

デザフェスの帰り、あまりの空腹のために中華料理店「永利」に寄った時の話です。

「永利」はいくつか支店があるのですが、今回は「豊洲一号店」に行きました。

【店名】永利

【住所】東京都江東区豊洲3-3-3豊洲センタービル1階

【営業時間】平日 11:00~深夜2:00

日曜 11:00~深夜0:00

【最寄り駅】有楽町線 豊洲駅 1b出口

場所的に、バス停の近くです。「東京スカイツリー行き」「錦糸町行き」「門前仲町行き」のバス停の近くにあります。

さて、今回はあまりに寒かったので、担々麺をメインに食べました。

担々麺

麺は、中くらいの太さの麺で、縮れています。味の感想です。

【スープ】山椒やゴマが効いた味です。

唐辛子のビリビリした痛みの伴う辛さはなく、山椒特有の香りが強く、スーッとした辛味です。静かにリラックスする辛さです。

【麺】ちぢれています。歯ごたえは、普通です。

【具材】ほうれん草、ひき肉、ゴマが入っています。

その他、セロリとエビとカシューナッツの炒め物や、八宝菜も食べました。

ここの店の炒め物はとにかく野菜がシャキシャキしていて美味しいので、箸が進みました。

セロリとエビとカシューナッツの炒め物は、あっさり味の料理でした。

セロリの臭みもそれほど気にならないです。シャキシャキしてとにかく美味しかったです。

エビの背ワタもちゃんと取ってあり、プリプリしていました。カシューナッツと相性が良い料理でした。

八宝菜は、味付けがちょうど良いバランスでした。美味しかったです。入っていた具を、思い出すと・・・白菜、人参、キクラゲ、イカ、ウズラの卵、玉ねぎ、エビがあったと思います。食べていて、白いご飯が欲しくなりました。

また、夫は肉入りチャーハンを食べていました。普通盛りなのですが、実際に出た量は大盛のチャーハンでした。肉がゴロゴロ入っていたとのことです。

彼は日頃はご飯ものは5分くらいであっと言う間に食べきるのですが、ここの肉入りチャーハンは肉が豊富に入ったので珍しく食べるスピードがゆっくりでした。

また、注文してから体感時間5~6分くらいで料理が来ました。あっと言う間に来ました!

10分かかっていなかったと思います。

どの料理も美味しかったので、次に来る時は友人と一緒に来て、食事を楽しみたいと思いました。

次は、東向島です。とある寒い日に、東向島駅から徒歩5分で行けるタイ料理店へ行きました。

【店名】SKタイランド

【住所】東京都墨田区東向島2ー39-8

【営業時間】火曜日~木曜日 ランチ11:30~15:00、ディナー17:30~23:00

金曜日・土曜日 ランチ11:30~15:00、ディナー17:30~23:30

日曜日 ランチ11:30~15:00、ディナー17:30~22:00

【定休日】月曜日(※定休日以外で臨時休業することがあります。)

水戸街道と明治通りが交差する交差点の近くにあります。

明治通り沿いにあります。「ジル」という美容室の近くにあります。

寒かったので、身体の中から温まりそうなメニューを食べようと思いました。

トムヤムクン

辛味の強いスープです。

今回私が食べたものでは、これが一番辛かったです!!!

唐辛子、様々な香辛料とハーブ、パクチー、エビなどが入っています。

これを食べただけで、身体が温まります。

例えるなら、食べるエナジースープ!

生薬や漢方をスープとして食べる感じです。

ガパオガイ・カイダオ

鶏肉バジルご飯です。

いわゆるガパオライスですね!

鶏肉と野菜の炒め物を、タイ米の上に目玉焼きと一緒に乗せたご飯です。

目玉焼きとご飯があるので、辛さがマイルドになります。

辛さはトムヤムクンよりは弱い印象ですが、そこそこピリ辛の料理です。

ガパオ・ムー

豚肉のバジル炒めです。

これは、単品で食べるとご飯が恋しくなるメニューです。

肉も野菜も香ばしくて美味しいです。

辛さはトムヤムクンよりは、弱いです。

ガパオメニューは、豚肉の他にもあります。

鶏肉、イカ、牛肉があります。

今回食べたもの以外では、トートマングン(エビプリ揚げ)、ルクチンプラー(魚のボール揚げ)、パッタイ(タイ風焼きそば)も気になりました。

次に来る時は、これらのメニューに挑戦しようと思います。

また、美味しいものを食べたらブログにアップいたします。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です