埼玉県のダム湖、高坂SA、坂戸市の散歩道

ロング広告





こんばんは。こなみです。

義実家のある埼玉方面のネタをいくつか書きたいと思います。

2018年は主に夏~秋にかけて、義実家の周辺に行くことが多かったです。

今回のブログでは、名栗のダム湖、高坂SA、北坂戸駅周辺について書きます。

まず、2018年8月の話。 

埼玉の秩父方面へ、夫(沖P)と義理の母と私で遊びに行きました。

名栗カヌー工房

ここでは、ダム湖でありカヌーに乗ることができます。

看板犬、りんご君です。

とっても大人しいワンコです。

名代わらじカツ丼安田屋

お昼ご飯はこちらで食べました。

【店名】安田屋 日野田店

【住所】埼玉県秩父市日野田町1丁目6−9

【営業時間】11:30~16:30

【定休日】月曜日

店の外には行列がてきており、1時間以上並びました。

メニューは、これだけ。カツを1枚か2枚を選べます。値段は2枚の方が高いです。

お持ち帰りメニューはこちら。

店内は、誰かの実家っぽい感じです。

わらじカツ丼の2枚バージョンです。

ボリュームたっぷりで美味しいです!

カツは、肉が柔らかくて、カツなのに油っぽくないです。

カツの衣にだしやソースが沁みています。不思議なご馳走でした。

浦山ダム

滝沢ダム

ダム湖はいずれも山の上にあり、見晴らしが良かったです。

また、風が吹いており、とても涼しい場所でした!

次に、埼玉県にある「高坂SA」に行った時の話を書きます。

ここへは2018年9月の頃に来ました。

こちらは上り方面のサービスエリアです。

車を運転する方や関越自動車道をよく使う方には、馴染みの場所かもしれませんね。

実はここ、高速道路に乗らなくても、

埼玉県にある一般の車道から入れるんです。

行き方としては、越辺川を越えて県道248号線から坂道を登ると行けます。

お客様入口から入ると、このような表示が出ています。

注意点としては、このルートから入れるのは「上り線方面」のみです。

「下り線方面」から入れる一般道からの入り口は、未確認です。

高坂SAの上り線側です。

2018年9月~10月の時点ではウルトラマンの看板が自販機のところにありました。

上り線から下り線方面へ行くことも可能です。

こちらの階段をのぼります。

すると、

このような景色が見えます。

ここは、上り線から下り線へ続く階段をのぼり終えた場所です。

埼玉県の坂戸市方面が一望できます。

ややこしいのですが、「上り線」から階段をのぼると「下り線」に行けます。

こちらは高坂SA「下り線」の写真です。

階段を下りて、ふたたび「上り線」に戻ります。

階段の下の表示に気付いたのですが、どうやらドッグランが「下り線」にあるようですね。

「上り線」のKOJIMAYAというレストランで昼食を食べました。

寄居町の名産品である「寄居ポーク」という豚肉を料理に使っています。

こちらは、「かつ煮定食」です。

こちらは「カツカレー」です。

どちらもボリュームたっぷりメニューでした。ごはんは多めという印象です。

お土産売場に行ってみます。印象としては、関東地方の東京・埼玉・山梨・群馬・栃木のご当地お菓子が販売されている感じでした。

私が特に面白いと思ったのは、アイスコーナーです。

ご当地「もなかアイス」というものがありました。

よく見ると、パッケージイラストに「ゆるキャラ」が描かれています。かわいいですね。

ちなみにこちらのハトっぽいキャラは、埼玉県の「こばとん」というご当地キャラクターです。さつまいもが埼玉県の名産品なので、それがアイスに使われていますね。

こちらは、メロンボールアイスの一種でしょうか。「信州りんご玉アイス」です。容器がかわいいりんごの形です。

こちらは「いも恋」です。こちらは埼玉県公式の「彩の国認定優良ブランド品」に認定されたご当地銘菓です。

もちもちした餅粉の皮にさつまいもの輪切りとあんこがギッシリ入っている餅菓子です。

冷凍された状態で販売されていますが、食べる時はレンジで解凍したり、蒸して食べます。

こちらは「信玄餅アイス」です。山梨の代表的なご当地銘菓である桔梗屋信玄餅のアイスです。のびるもちもちした餅入りの和風アイスです。

ちなみに、通常の「桔梗屋信玄餅」も販売されていました。

あとは、高坂SA上り線限定のお菓子です。

タルトですね。メイプルとくるみ味、香ばしくておいしいそうですね。

私も、体調が良くなったら今度来た時に食べたいです。

最後に、北坂戸駅近辺のとある場所について書きます。

10月ごろ、坂戸市のとある場所を歩きました。

天狗伝説のある樹木

このあたりに伝わる話だと、この木々の真ん中に昔は大きな木が生えていたとのことです。

そこには大昔に天狗が住んでいて、村に疫病が蔓延していた時に村人が「天狗様、お助け下さい。」と供物を持って天狗に懇願し、

 天狗が自分のうちわで風を起こし、疫病を払って浄化させたという伝説が残っています。不思議な話ですね。

今は、その大きな木は落雷によって燃えてしまい、無くなっています。

空が高いですね。

東武東上線と田んぼです。

稲穂が実っています。

こちらは、学校の近くです。

コスモスです。

道ばたや、川沿い、民家の庭など、あちこちに咲いていました。コスモスは9月から10月末ごろまで沢山見ることができます。

歩いていて、虫や鳥の声がよく聞こえました。

私が学生の時、この辺りをウォーキングイベントで歩いたことがあり、少し懐かしくなりました。

オススメのルートは、岩殿観音から宿場町~比企丘陵~東松山駅へ向かって歩くルートです。

空が穏やかに晴れていれば、高い空と田んぼと鉄塔の風景を楽しみながら歩くことができます。

ちなみに夏の時期だと、水田が一面にあり、カエルたちが「ゲコゲコゲコゲコ」と常に鳴いています。特に夜が凄い声の量となっております。

秋の時期だと色々な虫の声がします。

また、埼玉県は、個人的に「花を楽しむことができるスポットが結構多い。」という印象を持っています。まとめると、以下のような感じです。

春→3月下旬の桜。柳瀬川近辺の土手が見やすいです。

初夏→ゴールデンウィークの羊山公園の芝桜

夏→6~8月ごろの行田の古代ハスの里

秋→9月中旬の巾着田曼珠沙華、10月の国営武蔵丘森林公園のケイトウ、

10月末ごろまであちこちに咲いているコスモス

ただ、野生動物が非常に多く生息しているので、スズメバチやヘビやツキノワグマに気を付けて歩いてくださいね。

そろそろ眠くなったので、今回はこれで終わりにします。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です