両国ラーメン屋「博多ラーメン ガツン」

ロング広告





こんにちは。こなみです。

先日、両国にある豚骨ラーメン屋「ガツン」に行きました。

沖Pと両国を歩いていて、あまりにも寒かったと空腹に耐えかねて、このラーメン屋へ入りました。

最寄駅は、JR両国駅の西口です。

西口から回向院へ向かって歩いて行くと、徒歩3分くらいで行けます。

このお店は、ラーメンを頼むと替玉が1玉無料になります。

(2玉目は100円とのことです。)

※ご存知の通り、替玉とはすなわち「麺のおかわり」みたいなモノです。

「注文方法」

店内に入ったら、まず「食券」を買います。

食券のマシンに現金を入れて、食べたいメニュー名の書かれたボタンを押すと、「食券」が出ます。 

そして、席に着いて、「食券」を従業員に渡せば注文完了です。

ちなみに、食券マシンの上に置いてある紙エプロンは自由に使って良いとのことです。

さて、注文したラーメンが来ました。

ラーメン530円

全部乗せラーメン780円

私は「通常のラーメン」を、沖Pは「全部乗せラーメン」をそれぞれ頼みました。

「全部乗せラーメン」、使われてる具材としては・・・明太子、ゆで卵、海苔、メンマ、チャーシュー、高菜などでしょうか?

ザ・九州のラーメンという感じがします。てんこ盛りですね。

私が食べた「通常のラーメン」ですが、味はスタンダードな豚骨ラーメンです。

感想としては、美味しいです。スープ濃いめ、匂い強めのこってり豚骨です。

空腹だったため、すぐに食べてしまいました。

早速ですが、「替玉」を注文しました。

「替玉」は注文時に、麺の固さを選べます。

この店では、最も硬い麺は「こなおとし」

2番目に硬い麺は「ハリガネ」

3番目に硬い麺は「バリカタ」

4番目に硬い麺は「かため(ふつう)」

5番目に硬い麺は「ちょいやわ」

最も柔らかい麺は「やわらかめ」と言います。

こちらが「替玉ください!」と言うと、お店の人は必ず「麺の硬さはどうしますか?」と聞いてくるので、自分の好みの麺の硬さを答えます。

私は今回は「バリカタ」にしました。

「バリカタ」は麺の硬さの呼び名の一種でして、上記の通り、この店では3番目に硬い麺を表します。

このような器に盛られてきます。

今度は自分でスープに味を加えてみます。

テーブルにあった紅生姜、ゴマ、ニンニクを使いました。

ニンニクは、テーブルにある道具を使って擦り潰します。

強烈な匂いがしますが、これが非常に美味しいのです。

替玉もスイスイ食べられます。箸が進みますね。

美味しかったので、もう1玉おかわりしそうになりました。

(この日、豚骨ラーメンを食したのが21時過ぎだったので、健康を考えて2玉目は諦めました・・・)

このお店はラーメンメニューの他にもビール、日本酒、ウーロンハイ、餃子、フライドポテト、唐揚げなども提供しているので、

会社帰りにちょっとだけ酒を飲んだり、飲み会の締めに食べるのにちょうど良さそうに思えました。

次に来るときは、「全部乗せラーメン」を食べてみたいと思いました。

また、美味しいものを食べたらブログにアップします。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です