fate/staynight Heaven’s Feel第2章を見た感想(ネタバレあり)

ロング広告





劇場版fate/staynight Heaven’s Feel(以下、HF)を、映画館で観てきました。

「感想」

・背景画が凄く綺麗でした。雪や雨の描写が凄くリアルで、序盤の雪景色のシーンは特に寒さを感じました。

また、中盤くらいに夜に降る雨が出ます。地面を雨が濡らして、反射する様子とかとってもリアルでした。

・バーサーカーとセイバーオルタの戦闘シーンを観てて、胸が熱くなりました。

もし、絶叫上映があるなら、私は「やっちゃえ!バーサーカー!」と応援してたと思います。

今作では、バーサーカーの戦闘シーンは非常に見応えがあり、スピード感とガッツがあります。

セイバーオルタや赤黒い影から、何回ボコボコにされても立ち上がります。

正直、プロレス観戦をしている気分でした。主役レスラーがバーサーカーで、悪役がセイバーオルタみたいな。そのような立ち位置のプロレスでした。

なので、自然と「行けー!やっちまえ!」といった感情が湧きました!

・セイバーオルタが物凄く強かった。

いやー、しかしセイバーオルタめちゃくちゃ強かったですね!

全く違う作品ですが、パワーの強さと赤い光の剣と黒い鎧からダースベイダーを連想しました。

・アーチャーの活躍。

CMではあまり出なかったんですけど、アーチャーの活躍も凄かったですね。

真アサシンと戦闘するシーンと、赤黒い影からみんなを守るシーンは非常に好感が持てます。普通に格好良かったです!

こちらは、スピード感と映像のエフェクトが凄かったです。

・シンジが可哀想だった。

シンジ、見てて哀れでしたね。彼が捻じ曲がった背景を観察すると、色々と考えさせられます。桜の件もひっくるめて、みんな間桐家のジジィが悪いと思います。

・色事シーンがガッツリ出てくる。

主に桜ですね。今回の桜は色気が凄まじいです。自分を慰めるシーンやベッドシーンが思いっきり出ます。

あと、士郎の指から血を舐めるシーンではくちびるから垂れる涎が妙に生々しかったり、とにかく色気が危険です。

観る側があらかじめ賢者モードになって、この映画を観ても桜の色気にあてられます。そのくらい威力があります。

・ご飯シーンが美味しそう。

朝食シーンで卵焼きと味噌汁と白いご飯が出ます。作画が素晴らしく、ご飯がとっても美味しそうでした。

個人的に、ライダー、士郎、桜で食卓を囲むシーンは好きです。箸の代わりにナイフとフォークを用意する所などは、見てて心が暖まります。

・赤黒い影の不気味さ。

前作でちょろっとだけ出てた謎の影ですが、今作では、猛威を振るいます。

なにもかも喰らい尽くしていました。fate 関連は詳しくないのですが、素人目に見ても「これはヤバい奴だ。」と感じました。

主題歌の歌詞をよーく聞いていると、この影のことを言っているのではないかと思いました。

・ファンシーとドロドロの落差。

終盤で桜がファンシーな夢を見るシーンが出ます。なんとなく、不思議の国のアリス風のキラキラした夢でした。それが逆に恐ろしかったです。

全く違う作品ですが、「まどか☆マギカの叛逆の物語」の序盤に出てたベタな魔法少女モノみたいな不穏さがありました。

夢の桜が、魔物をキャンディに変えて遊んでる夢シーンから、パッと「現実のシーン」に戻るんですよ。

その、「現実のシーン」というのが、桜が路地裏でギルガメッシュに攻撃されているシーンでして、出血量がヤバいんですよ。

なので、「あー、桜は夢で現実逃避していたのか。」と思いましたね。

・最後のシーン

取り返しのつかない雰囲気でしたね。

桜と影が一体化したので、いよいよ冬木市の被害が甚大になりそうな・・・そんな予感がします。

「見た方が良い人」

・原作のゲーム「fate staynightの桜ルート」をやった人。

・アニメ「fate staynight/UBW」を全部ちゃんと見た人。

・色事シーンや出血シーンが平気な人。

・バーサーカーの戦闘シーン見たい人。

「以下、FGOからfateに興味を持った人にオススメなアニメ」

・アニメ「fate staynight/UBW」を見た後に、アニメ「fate /zero」を見る。

これらを見た上で、HFの第一章と第ニ章を観ると、理解度がすごいです。

そのアニメを見ると・・・

衛宮切嗣と士郎はどんな人か?とか、

なぜ士郎や凛は基本的に一人暮らしをしているの?とか、

アーチャーと凛と士郎の関係性や、

桜と凛の関係性や、

間桐家のジジィや言峰綺礼のヤバさや、

ロードエルメロイ二世の若い頃とか、

聖杯の危険性を知ることができます。

ちなみに私は、アニメを見てクー・フーリンの好感度が爆上がりしました。

「逆に、全くオススメできないパターン」

・アニメ、漫画、ゲームに詳しくない保護者や友人と一緒にHF第ニ章をいきなり観る。

・付き合いたての恋人と一緒に観る。

・虫嫌いの人と観る。

・原作ゲームもアニメも知らない状態で観る。

・色事や血のドロドロが嫌いな人と観る。

・「衛宮さんちの今日のごはん」しか見ていない状態で観る。

以上をやると、気まずい空気になるほか、見た後で気分的に落ちたり、話に全くついて行けなかったりします。

色々ありますが、とにかく作画が素晴らしい映画なのでオススメです!

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です