浅草「勝牛」みぞれカツを食べた感想


こんにちは。こなみです。

「勝牛」雷門仲見世通り店に沖Pと一緒に行ってきました!

場所は、浅草の雷門を正面から見て左側(雷おこしの店側)、仲見世を道なりに歩いたところにあります。

*注意。「新仲見世」ではありません。仲見世」です。

早速ですが、食べたものについて記録したいと思います。

こちら、みぞれカツ定食(130gタイプ)です。

カツの幅は、一般的なカツと比較するとかなり細いです。約5mm~1cmくらいです。

なので、口が小さい方が食べやすいサイズとなっております。

カツの衣は薄いながらもサクサクしてて食べやすいです。

肉は赤身肉でミディアムレア。みぞれカツ定食の味付けは、ポン酢と大根おろしを使ったさっぱり味でした。

味噌汁は赤だしで、具材はワカメでした。

ちなみに、「牛カツの美味しい食べ方」という案内板がテーブル上に置いてあります。

カレーや卵は別売りでしたが、この中の食べ方だと「わさび醤油」「牛カツソース」「牛カツソース&すりごま」が私は美味しかったです!!!

食べた感想

「わさび醤油」→さっぱりして美味しいです。

ご飯と食べると美味しいです。

「牛カツソース」→少し付けただけでも美味しいです。

「牛カツソース&すりごま」→香ばしく、美味しいです。ご飯に合います。

ちなみに、ご飯は麦入りの白いご飯でした。私の食べたメニューでは、おかわり可能でした。

とにかく、あっさりした食感のカツレツが食べたい方にはおすすめです!

私の推測ですが、一般的なカツだと「肉の脂身や衣がギトギトして食後が気持ち悪くなる。」という方が一定数いると思います。

しかし、こちらの店のカツはとにかく肉も衣もあっさり薄めなので食べやすかったですし、130gタイプでも満足感がありました。

なので、上記のようなギトギトしたカツが苦手な方にも、おすすめのカツでした。

逆に、おすすめしないのは「肉が分厚くて衣がこんもり付いたボリュームのあるカツが好きな人。」とか「かつやのカツ丼やとんかつ和幸のカツ定食が好きな人。」

ガッツリこってり系メニューが好きな方には、「勝牛」のカツは物足りないかもしれません。

一口で食べるようなサイズなので、少食かつ唇の小さい人にはとにかくオススメですね。私はそのように思いました。

今度、この店に来た時は、カツ丼を食べようと思います。

メニュー表を見たときに、埼玉の「わらじカツ丼」に似ていたので美味しそうに思えたのです。

また、何か美味しいものを食べたらアップします!!

ご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です