劇場版ポケットモンスター2018みんなの物語の感想

ロング広告





こんにちは。こなみです。

ポケットモンスター、略してポケモン。

私は、ポケモン赤・緑の世代です。小学生の時からポケモンが好きで、未だに卒業できません。

 

 劇場版ポケットモンスター2018「みんなの物語」を2018年の夏に観ました。

子供向け、アニメ準拠の話ではなかったです。

タイトル通り、「みんなの物語」でした。

主に、コンプレックスを持つ大人達が活躍する群像劇的な内容であり、

劇中に登場するポケモンが、「赤緑」と「金銀」が中心だった故に、私と同世代の大人向けの内容でした。

 

 

以下、ネタバレあらすじ&感想です。

 

 

 

「登場人物」

 

マサラタウンのサトシ・・・一応、主人公。相棒のピカチュウと旅している。

今作のサトシはとってもポジティブな性格で、ポケモンを強く信頼している。

 

ピカチュウ・・・サトシの相棒。可愛くて、強い。電撃が得意。

 

リサ・・・今作の準主人公。ポケモン初心者。見た目はド派手なギャル。

骨折で入院中の弟の代わりにフウラシティの祭に参加する。

実は、元・陸上部のエースだった。

 

イーブイ・・・リサが初めて捕獲したポケモン。健気。

 

リサの弟・・・骨折で入院している。リサにサングラスをプレゼントする。実は動画投稿主として活躍している。

 

ラルゴ・・・市長の娘。小学生くらいの子。ケガをしたゼラオラを看病している。

 

市長・・・ラルゴの父親。

 

トリト・・・引っ込み思案(コミュ障)な研究者。ポケモンにとても詳しい。

 

カガチ・・・見栄張りでホラ吹きなオジさん。姪っ子の夢を壊さないため、嘘をつきまくる。

 

カガチの妹・・・自分の娘&カガチと祭に来る。

 

カガチの姪っ子・・・カガチ妹の娘。まだ幼く、体が弱い。

 

ヒスイ・・・ある過去が原因でポケモンが苦手になってしまった婆ちゃん。トラウマ持ち。

 

ロケット団・・・資金作りのためラムの実を使ったジュースを販売する。

研究所へ窃盗に入り「胞子カプセル」を盗むが、山で紛失する。

 

ハンター・・・ロケット団とは別の悪人で、ポケモン乱獲を企む。

 

ゼラオラ・・・山のぬしのような強いポケモン。ポケモンたちを守る存在。

 

ルギア・・・フウラシティへ風をもたらしている伝説ポケモン。

 

 

 

「あらすじ」

今作のストーリーは、アニメ本編やゲーム本編とは全く関係ない、独立した話となっております。

主人公サトシとピカチュウが旅しているという点だけが、アニメとの共通点です。

登場するポケモンは、ポケモン赤緑とポケモン金銀に出るものがほとんどです。

 

以下、ネタバレだらけのあらすじです。

話が多少不足していたり前後するかもしれませんが、私が記憶している限り、書きます。

 

「序盤」

フウラシティの言い伝え。昔、ルギアから風をもたらされて人々は生活をしていました。やがて、風力発電で生活を始めます。

1年に一度、祭の日にルギアが「聖火」を目指して飛んできます。

「聖火」はルギアが町の人々との絆を確かめるためのもので、高いタワーの上に保管されています。

 

そして、今作の人物を紹介する小さな話が次々と公開されます。

 

・リサ、入院中の弟からフウラシティの祭に行くことを頼まれます。

・カガチとその妹&姪っ子が、祭を楽しんでいる様子が出ます。

・カガチはポケモンを持っていないのに、姪っ子に対し調子のよい嘘ばかりつきます。

・トリト、他人とうまく打ち解けずコミュ障な研究者キャラとして登場します。

・ヒスイ婆ちゃんが自分に寄ってくるポケモンを「あっちへ行け」と避けるような様子が出ます。

・サトシが町であったレモネード売りの少年たちとポケモンバトルします。

・ロケット団が、資金作りのために「ラムの実ジュース」販売を企みます。

・市長の娘・ラルゴが山へこっそりと、弱っているゼラオラへ食べ物を与えます。ラルゴは、山に住むヒメグマ&メタモンと仲良しの様子です。

 

 

「中盤1」

祭のイベントで捕獲大会が開催されます。イベント用に用意されたポイントシール付きポケモンを専用のボールで捕獲して、捕獲数を競うイベントです。

 

・トリトは演説が苦手なため、研究発表の演説をカガチに依頼します。

・捕獲大会の最中に、カガチがウソッキーをゴルダックから助けます。大会後、ウソッキーに懐かれます。ウソッキーは物語の終盤までカガチについてきます。

・捕獲大会の最中、首にコードが絡まり苦しむバンギラスをサトシとピカチュウが助けます。

・カガチは姪っ子を楽しませたいため、トリトからの依頼をする代わりにトリトのヒトデマンを借りて捕獲大会で優勝し、優勝者インタビューで「山にレアポケモンがいる。」とデタラメの大嘘をつきます。

・その嘘を信じたハンターたちが、乱獲をするために山へ行ってしまいます。

 

・研究所にて、書類提出に来たヒスイ婆ちゃんが、「ポケモンを寄せる甘い香り」の液体の入ったフラスコをうっかり割ります。

・ヒスイ婆ちゃんの家にポケモンがたくさん来て、懐かれてしまいます。

・婆ちゃんに懐いたポケモンは、ワニノコ、マリル、トゲピー、バルキー、ネイティオ、カイリキー、ヘラクロス、ムチュールです。たくさんいます。

 

・ラルゴが父親(市長)から、ゼラオラとフウラシティの過去について聞きます。

 

ゼラオラは、昔から山のポケモンたちを守る存在でした。

50年前のある日、ポケモンの乱獲に来たハンターの持っていた火が原因で山火事が起きてしまいます。 ゼラオラは燃え盛る山の中、ポケモンたちを必死に逃がします。

山火事がおさまった後もハンターがしつこく来るため、ゼラオラはポケモンを守るために山に入る人間を片っ端から追い払っていました。

当時の市長はその事態を見かねて、「ゼラオラは火事で死んだ。山はゼラオラの呪いがあるため、入ってはいけない。」と町全体で嘘をつき、山を立ち入り禁止にした。

とのことでした。

 

 

 

「中盤2」

捕獲大会イベントの翌朝の話。何者かによって、祭の会場が荒らされてしまいます。

 

・リサが会場の外にある草むらでイーブイを捕獲します。初心者のため、サトシに手伝ってもらい捕獲します。

・リサはかつては陸上部のエースで、誰よりも足が速い女子でした。足のケガが原因で陸上をやめており、「走ることが怖くなっている。」とサトシに言います。

・研究所の発表会で、トリトとカガチが捕獲大会で行ったインチキの様子が思いっきり流されてしまいます。

・カガチのウソが姪っ子にばれてしまい、「おじさんなんか大嫌い!」と泣かれます。

・研究発表の時、ヒスイ婆ちゃんとロケット団が研究所で鉢合わせになります。

 ・ロケット団が胞子カプセルを盗み、研究所に煙幕を出して逃げ出します。

・研究発表を見に来た人々は、パニックで逃げ出します。

・その時、逃げる人々に巻き込まれてケガをするイーブイ。

・リサ、イーブイをポケモンセンターへ連れていきます。イーブイがケガをしたのは、自分がすぐ走れなかったせいだと自責の念を抱きます。

・サトシはロケット団を追跡するも、逃げられてしまいます。

 

 

「終盤」

 

・ロケット団は盗んだ「胞子カプセル」を山の中で紛失します。

・タワーの上にある聖火が何者かに盗まれます。その結果、町中の風車が止まります。

・聖火泥棒の足跡を見つけ、トリト&ヒスイ婆ちゃん&リサと一緒に追跡するサトシ。

 

・実はラルゴが聖火を盗んでいました。ルギアが来なければ祭が中止になり、ゼラオラが見つからなくて済むと考え、町中を荒らしたり、聖火を盗んだのでした。

 

・ラルゴの回想シーン。ゼラオラは、ラルゴ&ヒメグマ&メタモンが落石事故にあったところを身を挺して守り、大けがをしたのでした。そのため、ラルゴはゼラオラが元気になるまで、守りたかったのです。

 

・ところが、ポケモンハンターにゼラオラが見つかってしまいます。ゼラオラが抵抗しているとサトシたちや市長が見つけ、ハンターを撃退します。

そして、ラルゴから謝罪を受け、上記の事情を聞きます。

 

・ロケット団が紛失し、山の上に転がっていた胞子カプセルが爆発。有毒の胞子ガスが町中に広がってしまいます。

・また、発電所のショートや漏電が原因か、大規模な山火事が起きてしまいます。

 

 

ここから、「胞子ガスの解毒化」と「山火事の鎮静化」をするためそれぞれ動きます。

 

・リサ→聖火を持って町のタワーへ全力で走り、町に飛んできたルギアに「雨を降らして欲しい」とお願いします。

 

・ヒスイ婆ちゃんとカガチおじさん→旧・発電所の前に広がる炎をヒスイ婆ちゃんに懐いたポケモンたちとカガチについてきたウソッキーが消火し、旧・発電所で風車を動かします。

 

ここで、ヒスイ婆ちゃんの回想シーンが出ます。

50年前、ヒスイ婆ちゃんは旧・発電所の職員として働いており、ブルーというポケモンを大変可愛がっていました。

山火事の日、発電所の鍵をヒスイ婆ちゃんに命がけで託したブルーは、婆ちゃんの目の前で焼け死んでしまいます。

それ以来、婆ちゃんはポケモンを失う悲しみを二度と味わいたくないと思い、ポケモンを避けるようになったのでした。

 

トリト→研究所へ戻ると、人々が避難していました。その中にはロケット団が変装したジュース屋もいました。ロケット団の持っていた大量の「ラムの実」を見たトリトは、解毒作用があることを思い出し、それを原料に「特効薬カプセル」を仲間と作り、猛ダッシュで旧・発電所へ向かいます。

 

ゼラオラ→50年前の山火事のトラウマが心の中によみがえって、興奮状態に陥り暴走してしまいます。

 

サトシとラルゴ→暴走したゼラオラを鎮めたり、市民やポケモンの救助をします。

 

発電所には、無事に「特効薬カプセル」が届きます。カガチが風車に向けて投げ、薬が町全体へ飛んでいきます。 ルギアによって大雨も降り、町は守られたのでした。

 

ラスト

祭の閉会式にて、市長がゼラオラについて町ぐるみで市民たちに嘘をついていたことや、一連の騒動を謝罪します。

リサは弟の入院する病院へ戻り、サトシとピカチュウは次の町へ旅立つのでした。

 

「面白かった点」

大人向けで良かったです。ダメな大人やトラウマを抱えた人物が出るところや、町ぐるみで大きな嘘をつくところなど。あと、ポケモンが赤緑・金銀の種類ばかりという点。

主人公は一応サトシですが、それぞれの人物が自分の抱える課題を乗り越える話なので、「みんなの物語」というタイトル通りだと思いました。

 

人災による化学薬品流出事故と山火事にみんなで対処するという話が、災害と向き合う日本人となんとなくイメージが重なりました。  

自然災害と人間が対峙するネタが好きな人にはオススメです。

 

終盤で、ヒスイ婆ちゃんが旧・発電所をみんなで動かすシーンがなんとなく「みんな!オラに力を分けてくれ!」みたいなシーンを彷彿とさせて、良かったです。

声優さん的にドラゴンボールの主人公ですからね。中の人ネタみたいだと思いました。

 

「可愛かった点」

映画に出るのは、ポケモン赤緑と金銀に登場するポケモンがほとんどでした。

モブキャラとして登場したポケモンがとにかくみんな可愛かったです!!!

例えば噴水が出る広場でコイキングがピチピチと跳ね続けて居たり、ヒスイ婆ちゃんやカガチについてくるポケモンが可愛かったり。

 

 

「ツッコミどころ」

 ロケット団、どうにかならなかったのでしょうか。

彼らは価値がよくわかっていない癖に、盗んだものがあまりにも危険でした。

しかも、それをうっかり紛失しているのがタチが悪い。

また、研究所にはラルゴも侵入しているため、警備が手薄だと思いました。

 

あと、ハンターたち。小さい女の子(ラルゴ)にヘルガーとニューラをけしかけた奴らなのに、「なぜ通報して逮捕できない?」と思いました。

こういう時に限って、警官のジュンサーさんが近くにいないんですよね。

 

まず「ゼラオラの呪い」なんて嘘を流布する前に、条例としてハンターたちを取り締まる体制をさっさと取りなさいよ行政の馬鹿者め!と個人的に思いました。

 

現実の世界でも、オカルトじみた場所は人々が寄り付かないから「ゼラオラの呪い」は良いアイデアだとは思いますが、根本的な解決になっていないんですよね。

そのあたりが、なんともモヤっとしました。

 

以上です。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です