映画ペンギン・ハイウェイの感想


こんにちは、こなみです。

時々爽やかな映画が観たくなります。

 

2018年の夏ごろに、アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」を沖Pと一緒に映画館で見た時の感想文です。

 以下、ネタバレだらけの感想を書きます。

 

 

原作は、森見登美彦の「ペンギン・ハイウェイ」です。

 

 私はまだ原作の小説を読んでいないのですが、一緒に映画を見た沖Pが言うには「ほぼ原作通りだった!」とのことです。

 

 

 

以下、私の個人的な見解や感想、考察です!

 

 

 

「大雑把な感想」

SF、切ない、爽やか、お姉さんと少年、ペンギンかわいい、海の母なる女神とか外宇宙的な超自然的な存在、神話的要素ありの不思議な話でした。

 

 

 

 

「面白かった点」

 

序盤は、少年とお姉さんの交流や、少年の「お姉さんのおっぱい」に対する関心、小学生たちの夏休み自由研究の描写がほのぼのとしていてカワイイです。

ちなみに、劇中で描かれる少年の「お姉さんのおっぱい」に対する関心は、性的なものと言うよりも、

どちらかと言えば「男女の生物学的な違い」に対する関心のようで、私には、ごく自然なことに思えました。

 

小学生たちがケンカする内容や、意地を張り合う様子がいかにも子供らしくてほのぼのします。

 

また、主人公の親友がドジっ子眼鏡なキャラであり、声優さん(釘宮理恵さん)の演技もあいまって可愛かったです!

 

 

中盤からは、「お姉さん」の正体と出身地は何なのか?を推測するのが面白かったです。

 

私は、「お姉さん」の出身地が長崎あたりだと思っていたのですが、全く違っていました!

 

劇中に出てくる「お姉さん」による口頭説明による風景が、なんとなく長崎県にある階段の多い地域に似ていたので、私の頭は自動的に九州か関西のどこかを想像していました。

 

これが、映画の終盤になると、私の想像が的外れだったことに私は気付くのでした。

 

終盤で判明するのは、お姉さんの正体が「人ではない超自然的な能力を持つ何か。」という点。

 

「世界の果て」へ主人公が行くことによって、お姉さんが口頭で説明していた風景とよく似た場所が次々と出てきます。

 

謎が次々と解けると同時に、今後起こる展開が読めてしまい「えっ、これは少年が絶望する展開になるんじゃないの?」と、私は一気に不安な気分になりました。

 

 

 

「切なかった点」

お姉さんが消えるシーンは切なかったです。

劇的な消え方ではなく”普通に消える”ので、なおさら切なかったです。

 

 

 

「じんわり心に沁みた点」

ラストシーンで主人公の少年が「ペンギン号」を喫茶店の外で見つけるシーンです。

 

「ペンギン号」は劇中で「世界の果て」に引きずり込まれて行方不明になる玩具風の手作り実験装置なのですが、

それがラストで主人公の前に現れるのです!!!

 

なんとなく、将来的に主人公少年がお姉さんと再会できるのではないか?と思えるような、明るい未来を感じさせる終わり方でした!

 

私はそのシーンが一番心がじんわりしました!

 

 

「考察」

以下、個人的な考察ですが、お姉さんの正体はたぶん、外宇宙的な世界(世界の果て)にいる海の女神です。

女神ゆえに魅力的な胸の持ち主であり、生命を次々と生み出す能力が母的な海の女神という印象を受けました。

森の中にいつの間にか「世界の果ての入り口」ができてしまったことによって、

人間の世界に気付かないうちに紛れ込んでしまった霊的な存在ではないかと推測します。

 

主人公のお父さんは、劇中で「世界の果ては案外身近にある。」というような内容を主人公に説明しています。

劇中ではあまりお父さんの職業について描写されていませんが、海外へ行く仕事をにおわせており、劇中の言動から一定の頭脳や思考力が必要な仕事だと推測しました。

もしかしたら、お父さんは「お姉さん」や外宇宙の存在に気付いていたのかもしれませんね。

 

とにかく、爽やかで切ないSFが好きな人にはオススメの映画です!

 

私は、今度は原作の小説を読んでみたいです。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です