「銀魂2掟は破るためにこそある」の感想

ロング広告





こんにちは。こなみです。

銀魂は時々アニメ本編をNetflixで見るとスッキリしますね。笑いとシリアスのバランスが良いです。

 

2018年に映画「銀魂2掟は破るためにこそある」を映画館で沖Pと一緒に見ました。

 

 

今回の原作は、将軍接待篇と真選組動乱篇がメインです。

 

映画のあらすじをざっくり書くと、

序盤に、将軍・徳川茂茂がキャバクラや床屋にくる話が登場します。

万事屋一行が将軍をハチャメチャに接客するので、とにかくギャグ満載の話です。

その後、真選組動乱篇へ一気に突入します。

 

原作を知らず実写版映画から入った方は、

ぜひ一度、原作漫画やアニメをご覧になってください。

将軍・茂茂が出る回は間違いなくギャグ満載で面白いですし、

動乱篇は、少年漫画らしく胸が熱くなる展開で大変見ごたえがあります。

 

 

以下、私の個人的な感想です。

 

 

よくある感想になってしまうのですが、

ギャグとアクションシーンがとにかく見ごたえあります。

役者の体を張った演技、キャラに極力似せたメイクと衣装が凄く良いです。

私はアニメや漫画の実写にはやや懐疑的なのですが、

実写版銀魂2、見て良かったと思いました!

 

 

「ギャグシーンで面白かったところ」

今回もパロディギャグがたくさん出ます。

ジャンプ漫画はもちろん、楽屋オチや中の人ネタも出ます。

日本アカデミー賞ネタも冒頭で出ていました。

 

源外のラボのシーンで、銀魂2と同年に公開された映画「レディープレイヤー1」に出てきた巨大ロボのような物体が出てきたり、

ブラックジャックとピノコらしき人物が堂々と出てきます。

私が一番好きだったギャグシーンは、新八とトッシーがテレビ番組に出演して、オタク同士の討論と乱闘を繰り広げるシーンです。凄く好きです。

このシーン、私としては原作やアニメと雰囲気がソックリだと思いました。

版権ネタで特にきわどかったのは、劇中の後半に登場するネコバスっぽいキャラです。

ネコバスのドアが開く「モニョ~ン」とした効果音もトトロの時とソックリだったので、かなりアウトなキャラでした。

 

「アクションシーンで特に良かったところ」

列車戦闘シーンと河上万斉の江戸城襲撃シーンです。

 

列車戦闘シーンは万事屋が加勢するあたりで胸が熱くなりますし、近藤さんは原作漫画同様に普通に良い上司だと感じました。沖田が造反隊員を切る時の迫力、良かったです。

 

万斉が弦で攻撃するシーンはCGでしたが、江戸城の忍者を切りまくるシーンや銀さんとの切り合いが良かったです。

 

 

 「特に再現度が高かったキャラ」

完全に私の独断ですが、以下のキャラが凄く良かったです。

 

トッシー/土方十四郎(柳楽優弥)

タバコで切り替わる人格の演技が凄かったです!柳楽くん凄いです。

いつもの厳しい土方さんとヘタレなトッシーどちらも魅力的でした。

トッシーはヘタレでキモかわいい感じが凄く良かったです。

 

河上万斉(窪田正孝)

見た目の再現度が凄いです!クールでかっこいい万斉です。

 

山崎退(戸塚純貴)

アニメ版の山崎のしゃべり方にそっくりでした!お葬式のシーンは必見です!

 

お登勢(キムラ緑子)

出番はほんの少しでしたが、キャラの再現度がすごく良かったです!

 

 

 

 

「個人的に残念だった点」

 

マダオが出ません!!!!!

映画にマダオが出てなかったです!

頑張って思い出しても、マダオがいませんでした!

たぶん、配信ドラマに出てくると思います・・・

 

3度ほどオープニングを繰り返します。

正直、3回は多いなと思いました。

パロディがふんだんに使われています。

ワーナーブラザースのマークを3回観ることになります。

 

佐藤二朗さんの演ずるキャバクラ店店長。

佐藤さんファンなら絶対ツボにはまると思うのですが、

勇者ヨシヒコシリーズに出てくる仏や吉野家CMの佐藤さんっぽすぎて、

佐藤さんがあまりにも佐藤さんすぎて、私はあんまりでした。

 

将軍が床屋へ行く話で、将軍の顔が変形するシーン。

原作通りに散髪に失敗し、髪の毛が思いっきり引っ張られ、顔が変形します。

再現度があまりにも高すぎて正直ちょっと引きました。

特殊メイクやCGを駆使していることは重々承知なのですが、

私としては「ウッ、痛そう。リアルで見るときついな。」というのが率直な感想です。

 

 

機会を見て、実写版銀魂2の配信ドラマも見たいと思いました。

この映画が気になっている方は、ぜひDVDや配信サービスで見て欲しいです。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です