ブランドバッグをめぐる価値観の違い(TV番組の感想)


こんばんは。こなみです。

私は時々テレビを見ます。ニュースとかタモリの番組やアニメ、テレビ東京の番組などを見ます。

2018年の9月ごろなので過去の話ですが、義実家の祖父の見舞いの帰宅後になんとなくテレビが見たくなり、それをつけてボーっと眺めていました。

とにかく疲労していたので、なるべく何も考えずに適当にチャンネルを変えていました。

すると、「櫻井有吉the夜会」という番組が放送されていました。

私はこの番組は全然見てなくて、多分初めて見たんですけど、

タイトル通り、2人が司会進行するトークバラエティです。

(以下、敬称略。)

その日はゲストに、お笑いトリオの「ロバート」と歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」が出ていました。

番組を途中から見たのですが、面白かったです。

ロバートのトークタイムでは、メンバーの秋山竜次が演じる「クリエイターズ・ファイル」という動画作品シリーズが紹介されていました。

「実在しそうで存在しない、架空の強烈なキャラ」を秋山が演じるという映像作品です。

番組内で紹介されていたキャラは、「遠近法にこだわる子役」とか、「お色直しを100回以上やろうとするウェディングプランナー」とか、どれもぶっ飛んだ設定のキャラでした。

でも、秋山の演技力と「なりきり力」が凄いので、そのキャラが現実の世界に存在するように思えてくるのです。

おそらく、YouTubeなどの動画サイトで投稿を常日頃から見ている人は「もう既に知ってるよ!!」「テレビ、今更遅いよ!早く取り上げてよ!」という印象だったかもしれません。

実は、私はまだその動画シリーズを見ていません。面白そうだったので、今度ちゃんと見てみようと思います。

欲を言うと、山本のポケモンのガチな腕前とか、馬場ちゃんの料理や美容の様子も出して欲しかったです。

さて、次はきゃりーぱみゅぱみゅです。(以下、きゃりーと呼びます。)

奇抜なファッションのせいか、「不思議ちゃんだと周囲から誤解されている!私は不思議ちゃんではない!」と言っていました。

そういえば、過去の他の番組でも似たようなことを言っていました。

なので、「そうだよね。あなたは大変ね。」と思いつつ見ていました。

きゃりーのゲスト企画では、「西川史子先生の助言を聞きつつ、高級バッグを買う!」というものをやっていました。

番組内の情報だと、きゃりーは18歳で芸能界デビューしており、彼女の母が貯金の管理をしています。

貯金が好きで、高級バッグを買うのに10万円までなら出せる・・・というような感じでした。

この「お買い物企画」で面白いと思ったのは、きゃりーと西川先生の対比です。

まぁ、テレビなので多少の脚色があると私は思います。

きゃりー・・・90年代前半生まれ。私の推測では、生まれた時期的に不景気な日本を見ているはず。

番組内では貯金が好き。売れっ子になっても、お金はあまり使わないという内容の発言。

きゃりーは庶民的、節約志向の人という演出をTBSが行う。

企画とはいえ、1つのバッグを買うことに40分以上は悩んでいた。

結果的に、自分好みのデザインであるパリサワンというブランドの黒いショルダーバッグ(2万円代の物。)を買う。

西川先生・・・70年代前半生まれ。裕福な家に生まれた。20代の時は日本はバブル期だった。

職業は医者。高級バッグを100個以上持っている。

お嬢様でバブル世代という演出をTBSが行う。

バッグを買う時、先生だったら「2秒で買う!」と発言。今回は助言役なので買わなかった。

番組内では、「高級バッグの方が、(おそらく品質的に)一生持てる。」という発言をしていた。

番組内にて、先生がきゃりーに提案したシャネルの黒いショルダーバッグは14万円できゃりーの希望価格に近く、機能的に容量もまぁまぁのように私には見えた。

先生としては、きゃりーに高級バッグを買って欲しかった様子だった。

ざっとまとめましたが、TBS側の多少の演出があるとはいえ、生まれた時代や価値観の違いがよくわかる企画だと思いました。

私としては、きゃりーと西川先生どちらの考えも理解できました。

私は、西川先生の「高級バッグの方が、一生持てる。」という発言は共感できました。

私の経験上、バッグはある種の消耗品です。安い物だと使い続けていくうちにすぐに傷つきへばってしまいます。

具体的には、取っ手部分が剥げたり、本体が色褪せたり、傷ついたり、とにかく経年劣化によるダメージを受けやすいんですよ。

品質が抜群に良い物かつ、流行に左右されないデザインのバッグを買うと、何十年も長持ちするんですよね。

(私は、まだそのようなバッグは持っていませんが・・・いつか持てるようになりたいです。)

ただ、世間には「年相応」や「TPOをわきまえる」というものが常識としてありますので、それに見合ったもので自分の好きな色や形を選ぶのが一番良いと思います。

私は、現在30代です。オフィス向けはマルイで買った2万円のブランドバッグを使っています。

「2万円」という値段は、見る人によっては「安い!」または「高い!」と感じると思います。バッグに対する価値観は、人それぞれ違いますからね。

また、ちょっとした外出用、運動&アウトドア用、旅行用でそれぞれカバン類を持っています。

ところで、もし収録で使った店に、きゃりーの好みに物凄くピッタリな高級バッグ(10万円)があったら、展開はどうなったのでしょうか?

私は、貯金好きの人が自分の気に入ったデザインのバッグを買って大事に使うならば、それは、それで十分オッケーだと思いました。

番組の企画とテレビ的な演出がコテコテとはいえ、結果的にきゃりーの一面を見られて良かったです。

たまたま見ていたテレビ番組でしたが、面白かったです。

また、何か番組や作品を見たら感想を書きたいですね。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です