刀剣乱舞花丸スタンプラリー2019を全駅攻略した日記



こんばんは。こなみです。

2019年3月3日。アニメ続「刀剣乱舞ー花丸ー」のスタンプラリーを攻略しました。

JR常磐線のイベントで、「花丸遊印録~梅咲き誇る春舞台~スタンプラリー」というタイトルです。

スタンプ台のあるJRの全駅と水戸市内の全施設に行きました。今回はその日記を書きます。

行く当日、東京の天気は大雨でした。私は迷った挙句、朝9時に家を出発し、上野駅に向かいました。

本来だったら、晴れた日の始発電車で行きたかったのですが、前日に溜まった家事を片付けたかったのと雨でテンションが削がれたので、出るのが遅くなりました。

今回のスタンプラリーでは、3月2日からスタンプ台が設置されている箇所があります。

それは、JRの品川駅、上野駅、柏駅、取手駅です。

私は、上野駅からスタートしました。

まず、入谷口に向かいます。

入谷口への簡単な行き方は、駅前にあるデカい歩道橋の上に上がり、「パンダ橋方面」とか「入谷口」という表示を目印に進むことです。

デカいパンダのぬいぐるみが飾られているので、そこが「入谷口」です。

スタンプは「山姥切国広」です。

私は次に、品川駅に行きました。

品川へは、特急に乗って行くと12~15分くらいで行けます。

中央改札を出て、みどりの窓口に行くと、その中に「へし切長谷部」のスタンプがあります。

次に、私は上野東京ラインに乗って、柏駅に向かいました。

中央口を出て券売機の近くに「薬研藤四郎」のスタンプがありました。

柏駅の中央口は、「←西口 東口→」みたいな表示がされている大きな改札です。

次に、私は常磐線に乗って、取手駅に行きました。

西口改札は駅のトイレのすぐ近くにあります。

西口改札を出ると、すぐそこに「後藤藤四郎」のスタンプ台がありました。

スタンプ台の前には、売店の「NewDays」や蕎麦屋「いろり庵きらく」があります。

ここから、しばらく長距離移動が続くので軽食を買ったり、トイレに行っておくことをオススメします。

私は、この時点でおにぎりなど軽めの昼ご飯を買いました。

次は、私は常磐線で土浦駅へ向かいました。

改札を出てすぐ左に「数珠丸恒次」のスタンプ台がありました。

この駅は、コラボ駅の一つであり、駅の看板にデフォルメ化された数珠丸恒次のイラストがあります。

次は、私は常磐線で石岡駅へ向かいました。

改札を出てすぐ右に「同田貫正国」のスタンプがありました。

石岡駅にはどうやら審神者がいるようで、並ぶ際の注意書きに「たぬき」の表示や「兜割りされる恐れがあるので、線からはみ出さずに並んでください」という文言がありました。

壁面に飾られた切り絵アートが美しいです。

その近くには休憩スペースや、売店のNewDaysがあります。

この辺りまで来ると、電車の待ち時間が長いです。

そのため、ここで昼食を取るのもアリだと思います。

次に、私は常磐線に乗って「友部駅」を目指しました。

改札を出て正面に「御手杵」のスタンプ台があります。

次に、私は常磐線で水戸駅に行きました。

こちらは、スタンプラリーの本拠地なので、駅のあっちこっちに刀剣乱舞ー花丸ーの装飾がされています。

みどりの窓口の中に「加州清光と大和守安定」のスタンプ台があります。

そして、駅の真ん中に、特設コーナーがあり、そこで景品の交換ができます。

JR全駅制覇賞・・・ポストカード・ダブルポケット付きクリアファイルをもらえる。先着7000名。

JR遠征賞・・・JR2駅と水戸市内の施設1箇所のスタンプで入手可能。今の時期だと「書き下ろし一便箋」がもらえる。先着10000名。

私は水戸駅のスタンプを押したのち、JR全駅制覇賞を貰い、次に施設のスタンプを回るため歩きました。

この時、午後13時30分でした。

後から思うと、かなりギリギリの時間でした。私は間に合うと思って、油断していました。

私は、施設のスタンプをコンプリートするため、まずは「弘道館」へ行きました。

水戸駅の北口から歩いて約10分~~15分くらいで着きました。

営業時間は9:00~16:30です。

入館料を払って、中に入ります。

弘道館は江戸時代に水戸藩に作られた藩校です。

「藩校」とは、簡単に言うと藩の武士が子弟を教育するために作った学校です。

スタンプ台は、館内の「展示室」にあります。展示室は撮影禁止でした。

また、「大倶利伽羅」の等身大パネルは館内の最も奥の部屋にあります。

「旧 弘道館」の建物は、木造で日本の時代劇に出てきそうな建築物でした。いかにも武士が歩いて来そうな雰囲気です。

縁側や廊下、畳が漫画の背景資料に使えそうなものばかりです。

梅の木がたくさん植えられており、満開でした。

また、孔子廟・八角堂・鹿嶋神社を見ることも出来ます。

こちらは入館料は無料です。ただし、開館時間が10時~16時までと短いです。

期間限定で、ひょうたんランプの展示もあります。こちらは2019年3月31日まで開催中です。

私は、弘道館の写真を撮影することとひょうたんランプの鑑賞に夢中になったため、予想以上に時間を使ってしまいました。

私は急いで水戸駅前に戻り、バスに乗りました。

私はたまたまタイミングよく来た「偕楽園行き」の市バスに乗り、「常磐神社 義烈館」を目指しました。

バスで15~20分くらい乗ったと思います。思ったより時間のかかるところです。

「偕楽園東門」で降りると、私は大急ぎで早歩きし、常磐神社の義烈館に向かいました。

入館料300円を払って中に入ると、「太鼓鐘貞宗」のスタンプ台がありました。この義烈館には、水戸光圀(水戸黄門)の資料がたくさんあります。見所は巨大な陣太鼓の展示です。

あいにく、展示物はスタンプ台以外すべて撮影禁止となっておりました。

私は、急いで次のスタンプ台へ向かいました。

その前に、たまたま刀剣乱舞スタンプラリーの「特設テント」を見つけました。

小さくて白いテントです。そこでは限定描き下ろしデザインのクリアファイルや缶バッチの販売がありました。

また、景品交換所でもありました。景品引き換え時間は9:00~17:00まで。

水戸の梅まつり賞・・・徳川ミュージアムのスタンプが必須です!!!

そのスタンプと、もう1箇所のスタンプを押した台紙を見せると、特製ポストカードをどちらか1枚もらえて、

3箇所以上のスタンプを押した台紙を見せると、特製ポストカードを2枚もらえます。

これは、もれなく全員もらえるとのことです。ただし徳川ミュージアムが必須なので要注意です!

私は限定描き下ろしデザインのクリアファイルを購入し、急いで「茨城県立歴史館」に向かいました。入館時間が16:30までであり、この時すでに16:12でした。

私は今回の旅の主要目的はスタンプをコンプリートすることなので、どっちみち「水戸の梅まつり賞」は時間的に間に合わなかったです。

小走りで偕楽園の竹林を抜け、坂道を登り降りして茨城県立歴史館に行きました。

ここには「鶴丸国永」のスタンプ台があります。

スタンプを押し、せっかくなので館内の展示品を超スピードでサーッと眺めて出ました。

当時、「メノツケドコロ」展という特別展がありました。

普段、博物館では見られないような「着物の裏側」とか、日頃の展示ではまずお目にかかれないような部分にスポットを当てたような展示でした。

スタンプだけ押して即出るのもなんだか失礼だと思ったのです。

私は、またまた大急ぎで「徳川ミュージアム」に向かいました。

またしても坂道を登り降りし、偕楽園を抜け、常磐線にかかる陸橋を超えて、神社をスルーし、まっすぐに続く道をひたすら走りました。

徳川ミュージアムは17:00で閉館です。当時、私が道を走っている時点で閉館10分前でした。

私は背中に汗をびっしょりかいた状態で徳川ミュージアムに来ました。閉館5分前でした。

大急ぎで券売機にて入館料を払ったのち、館内でスタンプ台を探しました。

燭台切光忠と鯰尾藤四郎のスタンプ台が館内の廊下にあります。

私は、スタンプを押し、閉館ギリギリなので展示品は全然見れませんでした。

私がどうにか見たのは、復元品の「燭台切光忠」と徳川家の甲冑とアニメ刀剣乱舞花丸の原画複製でした。

復元品「燭台切光忠」の近くには常時学芸員がいます。その人は刀をじっくりと見ていました。

私は時間的にあまりに余裕がなかったので、そこまでじっくり見ることはできなかったのですが、「あぁ、強そうな刀だな。金色の模様が見える。」と思いました。

で、徳川ミュージアムを後にし、たまたま停車していた無料バスに急いで乗り、偕楽園の駐車場まで乗せてもらいました。

この時点で、時刻は17:20でした。あいにく、偕楽園の臨時駅から水戸駅へ行く電車はもうありません。

水戸行きの市バスは、17:40に偕楽園に来ます。でも、時間通りに来るかは分かりません。

私はJRの水戸駅で景品をもらう時間を気にしていました。

実は、私は弘道館に行った後、水戸駅で「JR遠征賞」の景品をもらいに行っていなかったのです。

タイムリミットは18:00。私は市バスだと間に合わないと判断し、必死に小走りしました。

舗装された道とはいえ、かなり高低差のあるルートでした。

ここでも他のスタンプ台と同様に小走りで坂道を登り降りし、大急ぎで水戸駅に行きました。

小走りで30分くらいで水戸駅に着いたと思います。グーグルマップを見てみると、偕楽園と水戸駅の間は2km離れていました。

時間ギリギリに到着し、景品を無事に交換しました。

これで、全てが終わりました。

私は、常磐線に乗り、2時間以上かけて自分の最寄駅へ帰りました。

いやー、大変なスタンプラリーでしたね。反省点だらけです。

「反省点」

・まず、時間が足りなかった。始発で行けば、余裕を持って周遊できた。

・雨なのに無理して行った。傘が邪魔だった。

・偕楽園の梅をゆっくりじっくり楽しめなかった。

・常磐神社の周辺の屋台を回れなかった。

・スタンプラリーの制限時間上、コラボカフェでじっくりと休めなかった。

・徳川ミュージアムのスタンプ必須という点をうっかり見落としていた。

・徳川ミュージアムの復元刀をじっくり見れなかった。

・弘道館の施設やひょうたんランプが予想以上に面白かったので時間をたくさん使ってしまった。

・水戸のお土産もゆっくり見れなかった。

・レンタサイクルを借りるに借りれなかった。(雨で。)

*今回の経験を改善に活かすなら、「晴れの日に始発で行くこと。」これに限ります。

皆さんも、スタンプラリーにもし参加されるなら、時間と体力に気をつけて楽しんできてください!!!

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です