5月16日のクレーンゲーム日記

ロング広告





こんにちは。こなみです。5月16日の日記です。

今日は、定期的に行っている病院にて薬を処方された後、クレーンゲームをやりに街へ行きました。

欲しい景品があったのです。しかし、地元ではゲットできませんでした。

地元の某ショッピングモールの地下にあるゲームセンターでは、欲しいキャラを店員さんに頼んで置いてもらうも、アームが微妙に弱かったです。

なお、どういうわけかマシンには萌えキャラ風の女の子ボイスが搭載されており・・・・・・

「行っけぇ〜!」とか「おねがぁい!」とか「緊張するぅ〜!」とか、アームを操作する度にクソ鬱陶しく実況するタイプのクレーンゲーム機でした。

故に集中できず、ムキになって取ろうとしても無理でした。

私はこんなマシンを相手に1000円スってしまったのです。

これぞ無駄遣いの失敗です。でも、私は景品を諦めきれません。

で、地元には玩具や景品の中古販売店も無かったので仕方なく秋葉原へ行きました。

私は秋葉原へ着くと、まず中古販売店の店内を探りました。

私の欲しい景品は、人気のせいか出回っておらず、販売されているとしても高額でした。渋々、ゲームセンター巡りを開始します。

秋葉原のゲームセンターには、探すとアームがそこそこ強いところがあるのです。

まず、ゲームセンターに着いたら、クレーンゲームの爪とアームの強さを見ます。

爪が極端に開いてたりすると、取れません。

他のお客さんのプレイをチラ見することで、アームの強さがわかります。

アームが明らかにパカパカなところは、お金をむしり取られるだけなのでやめましょう。

また、店員がよく気づく人かどうか、あるいは、面倒臭がりの店員かどうかを見極めます。

とにかく、ゲームセンターをよ〜く観察します。

そして、ある程度の確率で景品をゲットできる可能性のあるゲームセンターを絞り込み、いざ挑戦です。

私が今回決めた所は、秋葉原のタイトーステーションでした。

ここの1階に欲しい景品がありました。

で、たまたま店員さんが1階に常駐していて、困った時も助けてもらったので良かったです。

クレーンゲーム機は小型でどこにでもあるタイプ。バランス良く景品を掴めば、そこそこ取れるやつでした。全く喋らない機種で良かったです。

景品は無事にゲットでき、回数が余ったのでもう1体ゲットできました。

本命はコダックで、追加でゲットできたのはピカチュウです。

ここでかかった課金は1200円。私の地元よりマシです。最初からこっちに来ていれば良かったですね。まぁ、取れて良かったです!

皆さんも、クレーンゲームをやるときはゲームセンターの設備を見極めて挑戦し、そこそこのところで課金を撤退することをオススメします。

以上でクレーンゲーム日記を終わります。

また何かありましたら、ブログにて報告致します。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です