雨漏り

ロング広告





こんにちは、こなみです。

一日中、大雨ですね。我が家は今日、雨漏りしました。

私は雨漏りする天井の板に手ぬぐいやタオルをガムテープで固定し、雨水の落下先に洗面器を置いてしのいでいました。

手ぬぐいやタオルは、あっと言う間に雨水を吸い取り、ビチャビチャになります。

 

しかし、雨漏りの範囲がどんどん広がっていき、自分と夫では対処が厳しくなったため、

上の階に住んでいる父に助けを求めました。

 

父が到着後、父は雨漏りしている天井の数ヶ所に三角形の布を画鋲で設置し、頂点に糸を付けて垂らしました。

糸を伝って雨水が流れ落ちて来ました。

 

すかさず、落下先に空の水槽を置きます。

雨水は止めどなく流れ落ち、あっという間に水槽の底から4〜5cmほどの水が溜まりました。

 

雨漏りの原因はいくつかあるらしいのですが、ハッキリしていたのは我が家の場合はいずれもベランダ寄りの天井から雨漏りしていたことです。

 

父が言う仮説では、

外壁に設置された給湯器から吹き込んできたか、

ベランダの浸水対策が経年劣化により足りなくなってきたか、

強い雨風の場合サッシから吹き込んで来たのかも・・・など

色々な可能性があるそうです。

いずれにせよ、中古物件の我が家なので、頃合いを見て修理を依頼せねばならないと思いました。

 

父には感謝の言葉をたくさん言い、天井に設置された三角形の布と糸は今後の天気のためにそのままにしました。

日常のことを書きたくなったらまたブログに載せます。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です