水元公園のしょうぶ祭り2019に行った日記

ロング広告





こんばんは。こなみです。水元公園のしょうぶ祭り2019に行ってきました。ここは広大な水辺のある公園です。

水元公園の花菖蒲、紫の花。
水元公園の花菖蒲。紫色の花が美しい。

水元公園

「入園料」無料

「住所」東京都葛飾区水元公園3−2

「交通アクセス」JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町」駅から徒歩15〜20分。

バスでの行き方だと、JR金町駅前のバス停に「水元公園方面」という看板があります。まずは、そこを目指してください。

京成バス「戸ケ崎操車場」または「八潮団地行き」に乗って「水元公園」で降りて、徒歩5分です。

「水元公園」のバス停はこんな感じです!

水元公園のバス停
水元公園のバス停の写真。京成バスの停留所。

このバス停の近くにある「地下道」を通り、釣り堀のような場所を道なりに歩くと約5分で着きます。

公園内には、売店があります。

お菓子、飲み物、アイス、軽食が販売されています。

水元公園の売店
水元公園にある売店の写真。2019年6月に撮影したもの。

ちなみに、犬用おやつや、簡単なつくりの釣竿、ちょっとした玩具なども販売されています。

さて、今回撮影した花菖蒲園の写真をご紹介致します。ここは毎年6月になると花菖蒲が満開になります。

水元公園の花菖蒲園(小さな橋)
水元公園の花菖蒲園の様子。小さな橋の上を人々が歩いている。
水元公園の花菖蒲園
水元公園の花菖蒲園。屋根付きの休憩所がある。
水元公園の花菖蒲園
水元公園の花菖蒲園。屋根付きの休憩所小屋がある。
水元公園の花菖蒲園
水元公園の花菖蒲園の写真。紫、白、色とりどりの花菖蒲が存在する。
水元公園の花菖蒲、ピンクと紫の花。

水元公園の花菖蒲、ピンクと紫の花菖蒲が並んでいる様子。

水元公園は、面積が9630万m2もある広大な公園です。

なので、今回のブログで紹介できるのはごく一部になります。

このような、可愛らしい遊具も存在します。私が見つけたものだと、カエルの他、ウサギ、イルカなどの遊具がありました。

水元公園のカエル型遊具
水元公園にある遊具の一つ。カエル型の遊具で、子供が乗って遊ぶためのもの。

今回のブログでは花菖蒲園を中心に紹介いたしましたが、ここには他にも「ドッグラン」「金魚コーナー」、

「キャンプ場」「バーベキュー場」「運動場」「広場」、

「メタセコイアの森」「バードサンクチュアリー」「水辺の生き物館」などなど・・・非常に多くの施設が園内にあります。

遠足や、ウォーキング、犬のお散歩コースとしても人気があります。

私も、子供のころは小学校の遠足でここに来たことがあります。

ちなみに、金町駅のすぐ近くには「寅さん」で有名な「柴又の帝釈天」もあります。

レジャーを兼ねた観光地としても水元公園はオススメです。これからの行楽シーズンにいかがでしょうか?

また、どこか素敵な場所に出かけたら、ブログにアップします。

ご覧いただき、ありがとうございました。

記事内広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です