「帰れない」という話。


こんにちは。こなみです。

世にも奇妙な物語で、ふと思い出した話があります。

「帰れない」というタイトルの話で、主演が片岡鶴太郎でした。

「あらすじ」

※1990年代前半くらいの時代設定なので、携帯電話もスマホもネットも普及していません。

主人公は働き盛りの会社員で、専業主婦の奥さんと中学受験を控えた子供がいる父親。

で、主人公が会社から家に帰ると家庭内は雰囲気が悪く、

いつも、帰宅前におでん屋で愚痴をこぼしていました。

ある日、あまりにも文句の多い家族が心底嫌になった主人公はおでん屋の酔客の勢いに押されて、近くの公衆電話にて、「俺はもう帰らないからな!」と電話をして、

そのままおでん屋で呑んだくれ、朝になってそのまま会社へ出勤してしまいます。

※当時、携帯電話は全然普及していないので、家にある固定電話を使って家族に連絡するのが主流でした。

主人公が会社から自宅へ帰ろうとすると、どういうわけか帰宅できないのです。

仕方なくカプセルホテルに泊まり、家に電話するも奥さんからめちゃくちゃ怒られます。

主人公はどういう手段を取っても家に帰ることはできず、ある日、主人公と奥さんは駅前の喫茶店で待ち合わせをします。

電話ボックスから自宅に電話をすると自分の子供が出て、電話越しに奥さんも全く同じ電話ボックスから話しているという珍妙な状況を教えられます。

しかし、どうやっても会えないのです。子供からの伝言により、奥さんが先に喫茶店に入っていると教えられる主人公。

自分のいる喫茶店にあるピンクの固定電話から電話をすると、目の前で作業をしているはずの店長が受話器の向こうから応答し、驚く主人公。

電話を奥さんに代わってもらいます。

なんと、奥さんも全く同じ喫茶店にいると言うのです。

結局、奥さんに会うことはできず、この日も主人公はどうやっても帰宅することができません。

結局、そのまま朝起きて会社に行く主人公。

そして、なじみのおでん屋に行き、事情を話すとどうやら酔客全員が「帰らない」という電話を自宅にした結果、「帰れなくなった」と判明します。

その後、電話越しの会話にてどんどん奥さんや子供との家族関係が修復されていき、主人公が自宅に帰れないまま物語が終わります。

なんとも皮肉なお話だと思いました。

主人公が帰れる状況の時には家族と不仲なのに、帰れない状況では関係が修復していくのです。

主人公にキツく当たっていた奥さんも物語終盤では主人公の身を案じたり労わるような態度をしています。

子供もそうです。主人公が帰れる状況だった時は反抗期でグレていた子供が、主人公が帰れなくなってからどんどん素直になっていくのです。

父親がいない方が家庭が平和という「亭主留守で元気がいい」という言葉を想起しました。

また、1990年代前半という時代設定が絶妙でした。

携帯電話、ネット、スマホが全く普及していなくて、固定電話しかない状況という点が良かったです。

もしも2019年の世界にリメイクするとしたら、どうなるのでしょうか?

おそらく、スマホとかネットが出てくると思います。

文明の利器をもってしても、主人公が帰れなくなる怖い話になると思います。

例えば、「帰らないからな!」がおでん屋の出しているオリジナルLINEスタンプだったり、

グーグルマップのナビやタクシーを使っても、どうやっても帰れなかったり、

奥さんとやりとりや、喫茶店で会話するシーンはLINEでのメッセージや通話になるでしょうし、

子供とはもしかしたらスカイプなどで話しているかもしれませんね。

「帰れない」スタンプという都市伝説がツイッター上で噂になったりして。

また、何かストーリーを思い出したらブログに載せます。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です