映画ミュウツーの逆襲EVOLUTIONの感想


こんばんは。こなみです。

ミュウツーの逆襲EVOLUTIONを観てきました!

ネタバレありの感想を書きます。

この映画は、1998年に公開された映画「ミュウツーの逆襲」のリメイク版です。

私は、1998年当時に公開された「ミュウツーの逆襲」も観ていたので、

公開前から今作を楽しみにしていました。

今作と過去作を分けるため、このブログでは便宜的に「1998年版」と書きます。

まず、今作のストーリーですが、多少の改変と追加はありましたが、

大まかなストーリーは、1998年版とほぼ同じでした。

1998年版を一回も観たことがない方は、レンタル店でDVDなどを借りるか、

何かしらの映画配信サービスなどで1998年版をご覧ください。

特に「ミュウツーの逆襲 完全版」を観るとミュウツーの幼少時や、

色々な背景を知ることができて理解を深めるのに良いです。

あと、「ミュウツー我ハココニ在リ」も、観た方が良いです。

できるならば、1998年版を観たあとで今作を劇場で観ると違いがわかります。

映像美の観点から、感想を順不同に書きます。

今作は、全編CGアニメです。これが1998年版と大きく異なります。

CGアニメなのですが、まるで実写のように写実的な部分もあり不思議でした。

うまく表現できないのですが、「超写実的なCGアニメ」という印象です。

とにかくCGアニメの造形に見入ってしまいました。

最初のシーンで、ミュウツーがガラス管を割って現れるシーンでは、

ミュウツーのヌメッとした肌の質感や、割れたガラスの破片の飛び散る様子が

とても写実的に見えました。

金属の光沢感と硬さの表現が凄く、ポケモン城の金色の橋の金属パーツの数々、

タケシが用意した金属製のキャンプ用テーブルや金属コップの質感が、

凄くリアルでした。輝きと錆び感と金属の違いによる質感の違いが出てて、

実写みたいなアニメだと感じました。

人間のキャラクター造形に関しては、女性キャラが美人で可愛いです!

私は、今作の女性キャラだとロケット団のムサシが一番美人で好みでした。

多分、歴代のアニメ版ムサシの中で一番美人だと思います。

次いで、警察官のジュンサーさん。こちらは凄くかわいい。

カスミは元気いっぱいの女の子という感じで、健康的で好印象でした。

ポケモンセンターのジョーイさんは、アニメ版のまま立体化した印象です。

でも、髪の毛の表現がセル画や画像の平面的アニメとは全然違って、

ピンク色のくるくるっと巻いた前髪や特徴的な輪っか型の髪型が、

リアルな髪の毛の質感なのです。ちゃんと編まれてセットされてる感じでした。

ゲストキャラであるボイジャーさんとスイートも良かったです。

ちゃんと年齢の違いが表現されていて、顔の輪郭や陰影の表現、

化粧などもキャラによって全然違うので、普通にすごいなと思いました。

男性キャラに関しては、こちらも年齢や人種によって造形が異なりました。

サトシはアニメと比べるとツルツルした人形っぽい肌に見えました。

顔立ち的に、やや海外アニメを意識したような印象を受けましたが、

劇中ではアニメ版と同様に快活な少年として描かれていました。

タケシは、アニメ同様、女性キャラにデレる様子が実によく表現されていました。

コジロウは端正なイケメンに描かれていて、顔立ちが整いすぎて、

サンダーバードの人形っぽい時がありました。(あくまで私個人の所感です。)

サカキはゲームやアニメ「ミュウツー我ハココニ在リ」の時と同じ

キャラデザの印象でした。今作では序盤にガッツリ出ます。

自然な流れで普通にストーリー内に出てきます。

ちなみに序盤で出てくる外国人キャラの声は90年代後半のおはスタに出ていた

レイモンド・ジョンソンが演じていました。

また、ミュウは1998年版と同じく山寺宏一が演じていたため、

個人的に「山ちゃんとレイモンド」で、凄く懐かしかったです。

外国人トレーナーが出てくる描写は、ポケモンが世界的に人気になった現れだと

私は思いました。

ゲストキャラのウミオとソラオは、1998年版よりも出番が増えていたような

印象です。フェリー乗り場のモブキャラ段階だった時から普通に出てきます。

ミュウツーとのポケモンバトルのシーンも1998年版と比べて、

かなり表現が豊富になっているような印象でした。

今作では1998年版にはない新しい技が登場していました。

少なくとも、フシギバナによるリーフストームが出てきます。

任天堂の20年以上前のゲームでポケモンスタジアムというものが

あったのですが、当時のそのゲームの画素から考えると、

CGの進化を感じました。時間のある方は是非YouTubeなどでゲーム動画や

比較動画、歴代のポケモンゲーム動画を検索してみてください。

あるいは昔のポケモンスタジアムをやった後、ピカブイをやったり、

そのあとで今作を観ると、CGとバトルシーンの進化を肌で感じると思います。

あと、フェリー乗り場のシーンでモブキャラと相棒ポケモンが一斉に

たくさん映るのですが、ポケモンが日常に存在する感じが凄く出てて、

私は、映画「名探偵ピカチュウ」や「みんなの物語」のモブキャラたちとポケモンの日常シーンを思い浮かべていました。

そういったさりげないシーンが好きな人にもおすすめです。

また、ラプラス型の足漕ぎボートが劇中に出てきます。

先日、ツイッターのポケモン公式アカウントに投稿されていた

宮城県のラプラス型ボートに形がそっくりでした。

私の勝手な推測だと、綿密に練られた販促企画だと思います。

映画を観た人は、より一層ラプラス型の足漕ぎボートに乗りたいと思うのではないでしょうか?(私はそう思いました。)

あと、ミュウのシーンでは、森と泉や、月の浮かぶ夜空の様子が美麗でした。

ミュウは可愛くて綺麗です。なんとなく産毛が生えているような感じでした。

さて、ストーリー面の感想を書きます。

ブログの序盤にも書いた通り、多少の改変はありましたが、

1998年版とほぼ同じストーリーです。

私が特に追加シーンだと思ったのは、

序盤にサカキが登場してミュウツーを利用するシーンです。

1998年版だとそのあたりの描写はあったかどうか・・・正直、記憶が怪しく、

あったとしてもサラサラっと終わった印象です。

どちらかというと「ミュウツー我ハココニ在リ」のサカキの方が強烈に印象に残っている感じです。

今作だと、サカキがロケット団のボスとしてミュウツーを悪事に利用し、

ケンタロスの乱獲に使ったり、トキワシティジムの手持ちポケモンとして

使ったりしていました。ちなみに、その時トキワシティジムに挑戦していた

トレーナーは髪型と服装と使用ポケモンから推測するに、シゲルだと思います。

また、サカキの悪事シーンでは劇中にロケット団のオスプレイが出てきたので

資金力と軍事力が相当あるんじゃないかと思いました。

その部分もかなり現代風だと思いました。

序盤でサトシとポケモンバトルする外国人トレーナーの外見も、1998年版とは何となく違うような気がしました。

今作だと肌が浅黒くて黒髪のドレッドヘアの海賊風の外国人トレーナーです。

ミュウツーのポケモン城での登場シーンにて、

「二重螺旋」の階段からミュウツーが登場したことに気づいて、

私はゾワっとしました。そうです。二重螺旋は「遺伝子」の形状です。

実にミュウツーらしい意匠の階段だと思いました。

終盤でサトシがミュウとミュウツーの戦いを止めようと、

双方の攻撃の間に入って直撃するシーンでは、

攻撃をくらった後に数秒間だけ虹色のキラキラしたエフェクトが掛かり、

サトシがゆっくりと倒れて石化します。

石化サトシの質感は重金属的で、生命が存在しない雰囲気が良く出ていました。

金属的なのですが、光を全然反射していなくて、暗く鈍い色をしているのです。

ここも、写実的なCG表現になっている分、悲壮感がすごかったです。

ピカチュウの泣き叫ぶ声も相まって本当に悲痛な様子でした。

結果的に戦いをやめて、コピーポケモンたちと一緒にどこかへ飛んでいく

ミュウツーのラストも1998年版と同じでホッとしました。

とにかく、今作はCGの造形美が凄すぎるのと、

1998年当時に映画を観ていたポケモンファンの大人にはオススメです。

個人的には、1998年版を知らない世代にも是非観て欲しい作品ですね。

ポケモンのアニメ映画とはいえ、ストーリー的にはガチSFです。

クローンや医療倫理について色々と考えさせられるテーマなので、

大人はもちろん、子供にこそ観て欲しいと私は思いました。

また何か映画を観たら、感想を書きます。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です